FC2ブログ

エメラルドのリングをリフォームとエメラルドのお話

東京、たいへん良いお天気です
でも風が冷たい・・・

明日で11月も終わり。
外はダウンコートなどすっかり冬の装いの方ばかり。
今年の秋は短かったですね

さて、今日ご紹介するのはエメラルドのリングのリフォーム。

デザインが古くてしまいこんだまま、というリング。
もったいないので、ダイヤをたくさん使って豪華にリフォームしました。

リフォーム前がこちら↓
<Before1>
エメラルドのリング Before1

いわゆる立爪のクラシックなリング。

出来上がりがこちら↓
<After1>
エメラルドのリング After1

ゴージャスです

真上から見ると
<After2>
エメラルドのリング After2

横から見ると
<After3>
エメラルドのリング After3

メレダイヤを贅沢に使うことによって、
エメラルドの輝きが増して、美しく見えるようになりました。
高さを抑えたので引っかかることなくお使いいただけます。

 ゴージャスのひとこと

ここでちょっとエメラルドのお話を

エメラルドは歴史が古く、古代エジプトではクレオパトラも愛用していたと伝えられています。
産地は、コロンビア、ブラジル、ザンビア、マダガスカル、
ジンバブエ、パキスタンなどですが、
現在では、産出量の半分以上はコロンビア産です。

そもそもエメラルドというのは、キズだらけの宝石です。
そのため、美しく見えるように、オイルや樹脂を含ませて、
キズを隠す処理されているものがほとんどです。

もともとの傷が少なく無処理のものは、
出回る数が少なく、お値段もたいへんお高くなるというわけです。

処理の程度が少ないものならば
年月が経っても変化は見られませんが、
極端にオイルや樹脂の処理が多いものは、
時間がたつにつれて色褪せたり、傷が目立つようになります。

処理の程度が多い石の中には、
宝石店に置いてあるような超音波洗浄機にかけると、
オイルが抜け、色褪せて、傷が目立つようになってしまうこともあるそうです

また、高価なものゆえ偽物が多い、というのも事実。

合成エメラルドとか、張り合わせたもの、とか、ただの色のついたガラスとか

そのため、エメラルドのお取り扱いはしない、
というお店もあるようです。

一昔前、合成エメラルドが出回った時代があったそうですが、
いまはそれほどではないですし、なによりプロが見れば、それなりにわかります。
お買い求めは信頼のできるお店でどうぞ。


レカンHPにリフォーム実例が掲載しておりますので、
ぜひご覧くださいませ。

レカンHP→ エメラルドのリフォーム

ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
 → リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」からどうぞ
 → レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺





スポンサーサイト



2016-11-29 14:55 : リフォーム :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

lecrin10ban

Author:lecrin10ban
ジュエリーリフォームL'ECRINのスタッフが、素敵な商品や、季節のニュースなどをお届けいたします。

最新コメント

検索フォーム