FC2ブログ

エメラルドのリングをリフォームとエメラルドのお話

東京、たいへん良いお天気です
でも風が冷たい・・・

明日で11月も終わり。
外はダウンコートなどすっかり冬の装いの方ばかり。
今年の秋は短かったですね

さて、今日ご紹介するのはエメラルドのリングのリフォーム。

デザインが古くてしまいこんだまま、というリング。
もったいないので、ダイヤをたくさん使って豪華にリフォームしました。

リフォーム前がこちら↓
<Before1>
エメラルドのリング Before1

いわゆる立爪のクラシックなリング。

出来上がりがこちら↓
<After1>
エメラルドのリング After1

ゴージャスです

真上から見ると
<After2>
エメラルドのリング After2

横から見ると
<After3>
エメラルドのリング After3

メレダイヤを贅沢に使うことによって、
エメラルドの輝きが増して、美しく見えるようになりました。
高さを抑えたので引っかかることなくお使いいただけます。

 ゴージャスのひとこと

ここでちょっとエメラルドのお話を

エメラルドは歴史が古く、古代エジプトではクレオパトラも愛用していたと伝えられています。
産地は、コロンビア、ブラジル、ザンビア、マダガスカル、
ジンバブエ、パキスタンなどですが、
現在では、産出量の半分以上はコロンビア産です。

そもそもエメラルドというのは、キズだらけの宝石です。
そのため、美しく見えるように、オイルや樹脂を含ませて、
キズを隠す処理されているものがほとんどです。

もともとの傷が少なく無処理のものは、
出回る数が少なく、お値段もたいへんお高くなるというわけです。

処理の程度が少ないものならば
年月が経っても変化は見られませんが、
極端にオイルや樹脂の処理が多いものは、
時間がたつにつれて色褪せたり、傷が目立つようになります。

処理の程度が多い石の中には、
宝石店に置いてあるような超音波洗浄機にかけると、
オイルが抜け、色褪せて、傷が目立つようになってしまうこともあるそうです

また、高価なものゆえ偽物が多い、というのも事実。

合成エメラルドとか、張り合わせたもの、とか、ただの色のついたガラスとか

そのため、エメラルドのお取り扱いはしない、
というお店もあるようです。

一昔前、合成エメラルドが出回った時代があったそうですが、
いまはそれほどではないですし、なによりプロが見れば、それなりにわかります。
お買い求めは信頼のできるお店でどうぞ。


レカンHPにリフォーム実例が掲載しておりますので、
ぜひご覧くださいませ。

レカンHP→ エメラルドのリフォーム

ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
 → リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」からどうぞ
 → レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺





スポンサーサイト
2016-11-29 14:55 : リフォーム :

琥珀のリフォームと、琥珀のお話

寒いですね

東京では朝から雪が降ったりやんだり。
11月の初雪は54年ぶり。
積雪が観測されるのは「史上初」なのだそうです。

都心ではそれほど積もっておりませんが、
スタッフの1人は河口湖から動けなくなっている模様

皆様、お帰りの頃には、地面が凍結しているかもしれません。
お足もとにご注意くださいませ。

さて、今日ご紹介するのは、琥珀のペンダントトップのリフォーム。
先日の「メノウ」に続き、渋めのセレクトです

琥珀のペンダントトップと、ダイヤのリングをお持ちいただきました。
こちら↓
<Before1>
琥珀のペンダントトップBefore2

イエローゴールドのシンプルなバチカンがついています。
アップがこちら↓
<Before2>
琥珀のペンダントトップBefore1

頂き物とのことでしたが、
かなりの大きさなので高価なお品物と思われます。

使わずにいるのはもったいないので、
リングのダイヤを合わせて華やかにしたい、とのご希望でした。

できあがりがこちら↓
<After1>
琥珀のペンダントトップAfter1

<After2>
琥珀のペンダントトップAfter2

斜めから見ると
<After3>
琥珀のペンダントトップAfter3

バチカンにダイヤをたっぷり入れて、
豪華な雰囲気になりました♪

「琥珀」とは、そもそも何なのでしょうか?

正解は、「樹脂の化石」。

数千年前の樹脂が土砂などに埋もれて化石化したものが「琥珀」です。
鉱物ではないので、厳密にいうと「宝石」ではありません。

日本の歴史に「琥珀」が登場するのは旧石器時代。
北海道の柏台遺跡から出土した琥珀の小さな玉には、
ヒモを通す小さな穴があいていたそうです。

2万年前のアクセサリー・・・

悠久の歴史、遥かなロマンですね・・・

その後、室町時代になると岩手県の久慈で本格的な採掘がはじまり、
江戸時代には特産品として京都や江戸に運ばれて
細工品やお香、医療品としても使われたのだそうです。

海外では、バルト海沿岸での産出が有名です。
海底に沈んでいた樹木の樹脂が削れて海岸に打ち上げられるので、
ヨーロッパでは長らく「琥珀」は「海のもの」だと思われていました。
そのため、「人魚の涙」と呼ばれることもあります。

「琥珀」の英語名はアンバー。

色合いも多種多様で、グリーンアンバー、チェリーアンバー、
コニャックアンバーなどなど、呼び方も様々です。

水に浮くほど軽いため、大き目のペンダントトップでも重さを感じません。
石のような冷たさがないので、身に着けていて心地よさがあります。

ご自宅に「琥珀」がしまいこんであるなら、
ぜひ、お好きな形にリフォームを。

組み合わせとデザイン次第で、いますぐに使える素敵なお品物に生まれ変わります

レカンHPにリフォーム実例が掲載しておりますので、
ぜひご覧くださいませ。

レカンHP→ ペンダントからリフォーム

ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
 → リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」からどうぞ
 → レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺






2016-11-24 17:24 : リフォーム :

メノウのリングをリフォーム

今朝は福島県沖が震源の大きな地震がありました。
東京もかなり大きな揺れでしたが、
幸いにもレカンスタッフに被害はなく、
店舗にも影響はございませんでした。

被害にあわれた方には、心よりお見舞い申し上げます。


さて、本日ご紹介するのは、メノウのリングをリフォームしたペンダントトップです。

メノウ(瑪瑙)はアゲートといいますが、
日本では「メノウ」と言ったほうがしっくりくるようです。

リフォーム前のリングがこちら↓
<Before1>
メノウのリングBefore1

淡いお色味が綺麗なリングです。
横から見るとこちら↓
<Before2>
メノウのリングBefore2

高さのあるいわゆる立爪のクラシックなデザイン。

リングだと寂しい感じになりそうだから、
とペンダントトップにリフォームにすることにしました

出来上がりがこちら↓
<After1>
メノウのペンダントトップAfter1

<After2>
メノウのペンダントトップAfter2

淡い色が浮かないように、南洋パールを合わせました。
少しだけ物足りない感じがする、ということで、
ドロップ型のシトリンのルースをご用意し、
1番下に追加しました。

メノウの周りに使っていたダイヤを、バチカンに入れて、
長めのチェーンに合うようにお作りしました。

お色味が上品で、華やかな印象のペンダントトップ
これからの季節にぴったりです。

石の色が違えば印象も変わり、いろいろなバリエーションが可能。
大きな石のリングをお持ちで、
リフォームのアイディアが思い浮かばない方にオススメです。

レカンHPにリフォーム実例が掲載しておりますので、
ぜひご覧くださいませ。

レカンHP→ 大きな石のリングのリフォーム

ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
 → リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」からどうぞ
 → レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺











2016-11-22 16:20 : リフォーム :

クラシックなルビーのリングをリフォーム

東京、晴れ
青空ですが、乾燥しております

噂では、インフルエンザの流行が例年よりも早めスタートとか
真偽のほどはわかりませんが、
予防接種をご希望の方は、お早めに。

さて、今日ご紹介するのは、
ルビーのリングのリフォーム

お預かりしたリングがこちら↓
<Before1>
ルビーのリング Before1

角度を変えると
<Before2>
ルビーのリングBefore2

クラシックな高さのあるリング。
デザインが古いので、リフォームしました。

できあがりがこちら↓
<After1>
ルビーのリングAfter1

<After2>
ルビーのリングAfter2

とても綺麗なスタールビーです。
このスタールビー、
はずしてみたら底の形がちょっとだけ変形していたので、
バランスを考え、少し高めにセット。
アームを交叉するデザインにして、高さを出しました

アームの側から見ると
<After3>
ルビーのリングAfter3

エレガントな雰囲気です

アームを幅広にしてダイヤをたっぷり使うと、
ゴージャスすぎて、マダム感が出すぎてしまう場合があります。

今回のリフォームは、アームを細く交叉するタイプにしたので、
華奢で繊細な雰囲気♪
年代を問わずお使いいただけるリングになりました


レカンHPにリフォーム実例を掲載しておりますので、
参考にご覧くださいませ。

レカンHP→ ルビーのリフォーム

ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
 → リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」からどうぞ
 → レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺









2016-11-17 14:46 : リフォーム :

立爪と一文字のダイヤリングをリフォーム

昨夜のスーパームーン、
残念ながら、東京は雨雲が広がり見ることができませんでした

今日は、昨日よりちょっぴり小さいかもしれませんが、
それでもかなりの大きさ・・・のはず。
1日遅れのお月さま鑑賞もいいですね

さて、今日ご紹介するのは、ダイヤリングのリフォーム
立爪と一文字のリングを、2本あわせてリフォームしました。

お預かりしたリングがこちら↓
<Before1>
立爪と一文字のダイヤリング Before1

古いデザインの立爪と一文字ダイヤリング。
このタイプをお持ちの方はたいへん多くいらっしゃいます。
どうしたらいいものか、とご相談が多いのもこのタイプ。

2つを合わせて1つのリングにリフォームしました。
できあがりがこちら↓
<After1>
立爪と一文字のダイヤリング After1

横から見ると
<After2>
立爪と一文字のダイヤリング After2

真上から見ると
<After3>
立爪と一文字のダイヤリング After3

真ん中に立爪リングの大き目のダイヤをセットし、
左右に3ピースずつダイヤを入れました。

一文字リングのダイヤは5ピースでしたので、
1ピースはこちらでご用意し、全部で6ピースに。

全体の高さを抑えてあります。
横から見るとわかるのですが、爪がないので引っかかりません。

このデザインですと邪魔にならないので、とても実用的。
フォーマルもカジュアルも、使う場所を選びません。
他のリングとの重ね使いもお洒落

なにより、眠っていた立爪リングと一文字リングが、
エレガントなリングに生まれ変わったのですから、
これからは思う存分お使いいただきたいです

こんなふうに、
古いデザインのリングを、そのまま使うわけにはいかず、
かといって思い出が詰まっているので売ったり譲ったりはしたくない
そんな場合には、ぜひリフォームを。

リフォームは意外に簡単です。

お手持ちのリングやネックレス、ピアスをお持ちいただき、
どんなふうにリフォームしたいかをお伺いして、ご相談承ります。

もしも、石が足りなければ、適当なものをお探ししますし、
デザインに無理があれば、新たなデザインをご提案させていただくこともできます。

レカンHPにリフォーム実例を掲載しておりますので、
参考にご覧くださいませ。

レカンHP→ ダイヤモンドのリフォーム

ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
 → リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」からどうぞ
 → レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺








2016-11-15 15:11 : リフォーム :

サファイヤのペンダントトップをリフォーム

寒いです

今日の東京は、最高気温が12度だそうで、
・・・寒いです

ブログを読み返すと、
10月20日のエントリーで「最高気温28度」と書いていました。
 こちら→ 10月22日の記事

1か月経っていないのに、なんという気温の差
皆様、冬本番にむけて体調にはお気をつけくださいませ

さて、本日ご紹介するのは、
サファイヤのペンダントトップのリフォーム。

古いデザインのペンダントをお預かりしました。
こちら↓
<Before1>
サファイヤのペンダントBefore1

<Before2>
サファイヤのペンダントBefre2

とても綺麗なサファイヤです

色の美しさを生かすために、
透明感を引き出すようなペアシェイプのフォルムにデザインしてセットしました。
 *ペアシェイプ=洋ナシ型

出来上がりがこちら↓
<After1>
サファイヤのペンダントAfter1

<After2>
サファイヤのペンダントAfter2

<After3>
サファイヤのペンダントAfter3

サファイヤに光があたってとても綺麗です
上品でエレガントな仕上がりになりました。

チェーンにダイヤを1ピース入れてあるので、
ぐるぐる回りません♪

ネックレスがいつのまにかぐるりと回って、
留め金が前にきてしまうのがイヤ!という方には、
こんなふうにダイヤをストッパーに使うデザインがオススメです

古いペンダントトップをお持ちでしたら、
少しデザインを変えるだけで、使えるものに生まれ変わります。

レカンHPのリフォーム実例を参考にご覧くださいませ。
 レカンHP→ ペンダントにリフォーム

ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
 → リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」からどうぞ
 → レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺







2016-11-10 14:17 : リフォーム :

ルビーのリングをクロスのペンダントにリフォーム

寒さが日に日に厳しくなっております

そろそろインフルエンザが流行り始める頃でしょうか?
うがい手洗いをしっかりと

さて、今日ご紹介するのは、ルビーのリングを
クロス型のペンダントトップにリフォームしたものです。

お預かりしたリングがこちら↓
<Before1>
ルビーのリングBefore1

<Before2>
ルビーのリングBefore2

ルビーとダイヤを組み合わせた、イエローゴールドのリングです。
ご両親から頂いた大切な思い出のお品物なのですが、
デザインが古くて仕舞い込んでいたのだそうです。

はずしたルビーを使い、ホワイトゴールドの枠で
クロス型のペンダントトップにリフォームしました。

できあがりがこちら↓
<After1>
ルビーのクロスペンダントトップAfter1

斜めからみると
<After2>
ルビーのクロスペンダントトップAfter2

<After3>
ルビーのクロスペンダントトップAfter3

ルビーを5ピース、クロスに並べただけのシンプルなデザインです。

チェーンは、長めでも短めでもどちらでも
長さを変えることができます。

古い印象のリングが、使い勝手のよいペンダントトップになりました

今回はルビーでしたが、
ダイヤでも他の石でも同じデザインでリフォーム可能です。

一文字リングは、立爪リングに次いで
仕舞い込んでいる率の高いデザインです
リングへのリフォームが思いつかないならば、
今回のようにペンダントに変えてしまうのもオススメです。

レカンHPのリフォーム実例をご参考にどうぞ。
 レカンHP→ ルビーのリフォーム

ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
 → リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」からどうぞ
 → レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺









2016-11-08 15:10 : リフォーム :

アメジストとトルコ石のリング

11月になり、急激に寒くなってまいりました

今年の冬は雪が多いかもしれない、という噂です
交通機関に支障がありませんように。

さて、今日ご紹介するのは、ずいぶんと前にリフォームしたお品物。
アメジストのリングをお持ちいただき、
トルコ石と合わせてイエローゴールドのリングにしました。

残念ながら、Beforeのお写真が残っておりません

なので、出来上がりのお写真のみご紹介。

<After1>
アメジストとトルコ石のリングAfter1

大変個性的なリング

真上から見ると
<After2>
アメジストとトルコ石のリングAfter2

横から見ると
<After3>
アメジストとトルコ石のリングAfter3

向きを変えてみると
<After4>
アメジストとトルコ石のリング

リフォーム前は、アメジストを爪止めしたシンプルなリングでした。
少し変わったデザインのものが欲しい、というお客様のご希望で、
カボションカットのトルコ石をたくさん爪止めし、
ボリュームのあるリングにリフォーム。

一目見たら忘れられないデザインです
アメジストとトルコ石は、ヨーロッパの素敵ブランドではたまにお見かけする組み合わせ。
ゴージャス感たっぷりで、存在感があり、
普通と違うものが欲しいわ、というお客様のリクエストにぴったりのリングになりました

個性的なものをご希望ならば、大きな石を使ったリングなどがオススメです。
レカンHPのリフォーム実例をご参考にどうぞ。

 レカンHP→ 大きな石のリングのリフォーム

ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
 → リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」からどうぞ
 → レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺







2016-11-01 13:24 : リフォーム :
ホーム

プロフィール

lecrin10ban

Author:lecrin10ban
ジュエリーリフォームL'ECRINのスタッフが、素敵な商品や、季節のニュースなどをお届けいたします。

最新コメント

検索フォーム