FC2ブログ

翡翠のリングをリフォーム

気づけば9月ももう終わり・・・

ついこの間まで「夏」だったのに。
と思っているうちにあっという間に寒くなり年末へまっしぐら・・・

時間のたつのは早いものですね

さて、今日ご紹介するのは、翡翠のリング。
とても綺麗な色の翡翠のリングを
シンプルなデザインにリフォームしました。

お持ちいただいたリングがこちら↓
翡翠のリングBefore

クラシックな印象のリングですが、
実はこのタイプの翡翠のリングをお持ちでリフォームをご希望されるお客様、
けっこういらっしゃいます。

皆様、ご自分でお買いになった、というよりも、
お祖母さま、お母様から頂いた・・・、
どなたからか受け継いだもの、とおっしゃる方がほとんど。

デザインが古すぎてそのまま使えないけれど、
思い出のお品物、形見のお品物なので、
大切にしたい、とお持ちになる場合が多いのです。

というわけで、今すぐに使えるように、
ご希望のシンプルなデザインのリングへリフォームをしました。

出来上がりがこちら↓
<After>
翡翠のリングAfter

サイドのダイヤは使わずに、
翡翠のみでホワイトゴールドのリングをお作りしました。

シンプルなだけに、翡翠の色の美しさが際立っています
石が大きいので、存在感があり、
それでいて邪魔にならないとても洗練された印象のリングに仕上がりました。

翡翠は古くから「玉」として珍重され、
金やほかの宝石よりも価値のある石とされてきました。
また魔法の石として身に着けることでお守りのような役割をするとも考えられていたようです。

若い方にはなじみがないかもしれませんが、
もしもお手持ちに翡翠のジュエリーがあるならば、
蘇らせてみてはいかがでしょうか?

HPにもリングのリフォーム実例を掲載しております。

レカンHP→ 大きな石のリフォーム

ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
 → リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」
 → レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺




スポンサーサイト



2016-09-29 16:46 : リフォーム :

バロックパールのネックレス

東京、真夏日がもどってきております
湿度の高さがつらい…

沖縄、石垣島あたりは台風の影響が出ているようですね。
どうぞお気をつけてお過ごしください

さて、今日ご紹介するのは、
パールのネックレスのリフォーム。

お持ちいただいたバロックパールのネックレスがこちら↓

<Before>
バロックパールのネックレスとイヤリング

綺麗なブルーのバロックパールです。

短めのチョーカータイプで、
首元がつまった印象になってしまうため、
ロングタイプにリフォームしました。

出来上がったものがこちら↓
<After>
バロックパールのロング

ボリュームがある華やかなネックレスになりました

チェーンの部分を長めにし、全長で110cmありますので、
重ねて巻いてお使いいただけます。
(短めだと三連に、長めだと二連に)

チェーンの間隔は不規則にし、動きがでるようにしてあります。

お揃いのイヤリングは、シンプルなピアスにリフォームしました。
セットでも、バラバラでもお使いいただけます。

ロングタイプのパールネックレスは存在感があり、
それだけで豪華な印象があります。
長く揺れ動くように使っても、重ねて短めにしても、
ファッションに合わせてお使いいただけますので、
1本お持ちになるととても便利です。

レカンHPには、他にもパールのリフォーム実例を多数掲載しておりますので
ご覧くださいませ。

レカンHP→ パールのリフォーム実例


ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
 → リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」
 → レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺




2016-09-27 16:10 : リフォーム :

思い出が詰まったジュエリーをリングへリフォーム

またもや台風・・・
16号が和歌山付近に上陸した模様
東京も朝からずっと雨が降り続いております
厳重警戒を。

さて、今日ご紹介するのは、HPを見てご来店いただいたお客様のお品物。
思い出のジュエリーを合わせてリングへとリフォームしました。
ご来店いただいたのは数年前なのですが、
とても素敵なリングなのでご紹介します

お持ちいただいたのはこちら↓
<Before>
思い出のジュエリー Before

使わなくなったリングとピアス。
でもどれも思い出の詰まったものなので、
しまい込んでおくよりも、ひとつに合わせて身に着けたい、
とご相談いただきました。

できあがったリングはこちら↓
<After1>
思い出のジュエリーをリングへリフォーム After1

<After2>
思い出のジュエリーをリングへリフォーム After2

アームを打ち出し模様のマット仕上げにし、
サファイヤとダイヤをセット。

高級感がありますが、同時に温かみも感じられる
品のあるリングに仕上がりました

お客様には大変お喜びいただき、
御礼のお手紙をお送りいただきました。

レカンHPの「お客様の声」にご紹介しております。
ご覧くださいませ。

レカンHP→ お客様の声



ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
 → リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」
 → レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺





2016-09-20 16:21 : リフォーム :

壊れたダイヤのピアスをリフォーム

今日は中秋の名月……
残念ながら、関東地方は厚い雲が空を覆っております
お月見は厳しいかもしれません。

今日ご紹介するのは、ダイヤのピアスのリフォーム。

シンプルなピアスが壊れてしまったので、
お直しではなくリフォームを、というリクエスト。

<Before>
壊れたピアスBefore

金具が片方壊れてしまったピアス。
ダイヤをこちらでご用意し、
ロングタイプのピアスをお作りしました。

<After1>
ダイヤのピアスAfter1

<After2>
ダイヤのピアスAfter2

元のダイヤは一番上にセットし、
下の2つずつは、バランスを考えてちょうどよい大きさのものを選びました。

イエローゴールドの枠とチェーンで華やかな印象。
耳元で揺れるとキラキラ光って、
シンプルなデザインですが、ちょっと目をひきます

石の数やチェーンの長さは、
どのようにでもアレンジできますし、
ダイヤではなく色石に変えれば、
また違った印象になります。

ファーストピアスなど、石だけのシンプルなピアスが残っている、
という場合にオススメのリフォームです。

レカンHPに、ピアスからリフォームしたお品物を掲載しております。
ご参考にご覧くださいませ。

レカンHP→ 片方になったピアスをリフォーム

ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
 → リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」
 → レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺







2016-09-15 15:32 : リフォーム :

ダイヤのクロスのバリエーション

台風が連続して来ているようですね
日本列島、不安定な空模様
被害がないことを祈ります

さて・・・
先日、クロス型のペンダントトップのリフォームをご紹介しました。

 記事はこちら→ダイヤの一文字リングをリフォームするなら

今回は、別のタイプのクロス型ペンダントトップのご紹介です。

リフォーム前はこちら↓
 <Before>
クロスのペンダントトップ<Before>

テーパードのダイヤを使ったリング。
このタイプのリングは、一時期流行したため、
箪笥の奥底に今もひそかにお持ちの方が多いかもしれません。

前回の一文字リング同様、お母様やお祖母さまから頂いた、
というお客様がほとんど。

そのまま使うわけにもいかず、
でもこの形のダイヤをどう変えればいいのか、
とお悩みの方にオススメなのがこちら↓

<After>
クロスのペンダントトップAfter

 *数年前に撮影したお品物ですので、
 画像が不鮮明で申し訳ありません

長方形のダイヤを綺麗に組み合わせて
華奢な雰囲気のクロス型にしました。

同じ「クロス」といっても、縦横の長さを同じにしたものや
上のように、縦長のもの、とさまざま。
お好みでお作りすることができます。

ダイヤの数が足りなくても、
同じような大きさ、形のものをこちらでご用意することも可能です。

古くて使えないリングをお持ちでしたが、
思い切ってリフォームをしてみてはいかがでしょうか?

HPの「ダイヤの一文字リングのリフォーム」も
ご覧くださいませ。

 HP→ 一文字ダイヤリングのリフォーム

画像をクリックしていただければ、
<Before>と<After>両方のお品物をご覧いただけます

ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
 → リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」
 → レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺




2016-09-13 16:04 : リフォーム :

ダイヤの一文字リングをリフォームするなら

雨雲に覆われた関東地方。
かなりの雨量になるとの予報ですが、どうなるのでしょう?
念のため、お帰りの交通機関のご確認を

さて、今日ご紹介するのはダイヤの一文字リングのリフォーム。
ダイヤの立爪リングと並んで、リフォームのご希望が多いリングです。

こちら↓
<Before>
ダイヤの一文字リング Before

とてもオーソドックス、というか、
クラシック、というか、
古めかしい、というか・・・

お祖母さま、お母様から譲り受けた、というお客様が多いようです。

この高さのある一文字リング。

高さがあるせいで、ニットやストッキングがひっかかります
すぐにぶつけてしまいます

横から見える唐草模様も、今風ではないし・・・

せっかくダイヤがはいっているのに、もったいない、
なんとか使えるものにしたい、

というリクエストがたいへん多いこのタイプ。

今回は、クロス型のペンダントトップにリフォームしました。

できあがりがこちら♪
<After1>
ダイヤの一文字リングをリフォーム After1

<After2>
ダイヤの一文字リングをリフォーム After2

チェーンをはずすと、
<After3>
ダイヤ一文字リングをリフォーム After3

ダイヤを5ピース、クロス型にセットし、
ホワイトゴールドで仕上げました。

使い勝手の良いペンダントトップです。

デニムにTシャツのカジュアルなファッションの時でも、
ダイヤのペンダントトップを1つ身に着けているだけで、
寂しい印象がなくなります。

年齢も問いません。

もし、お嬢さまや姪御さん、お嫁さん・・・などなどに
差し上げることになったとしても、
これならばそのまま使っていただけるはず

使えないままお持ちになるよりは、
使える形にかえて楽しむ。
そのあとは、またどなたかに使っていただく、
というのがジュエリーの醍醐味ではないでしょうか

箪笥の中に、古めかしいリングが眠っていたら、
ぜひご相談くださいませ。

他にも一文字ダイヤリングのリフォーム例を
HPに多数掲載しております。
ご参考にご覧くださいませ。

レカンHP →一文字ダイヤリングのリフォーム

ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
 → リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」
 → レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺





2016-09-08 15:50 : リフォーム :

困った時にパールはいかがでしょう?

台風が去ってまた猛暑
今日の東京は、熱中症が「危険」なレベル
皆様、ご注意を。

さて、今日はパールのリフォームをご紹介します。

一言でパール(真珠)といっても、いろいろな種類があります。

小さめで球の形が美しいアコヤ真珠、
大粒で華やかな南洋真珠、
気軽に使える淡水真珠などなど。

パールの価値を決めるのは、
テリ(輝き)、巻き(真珠の層の厚さ)、色、形、傷など
いろいろな項目がありますが、ダイヤモンドのように厳密な規格があるわけではありません。

難しいことは考えずとも、
何をつけようか悩んだ時には、
とえあえずパールを選択しておけば失敗しない、
というのがレカンスタッフの個人的な意見です(笑)

と、前置きが長くなりましたが、
本日ご紹介するのは、こちら。

<Before>
パールのネックレス Before

ちょっとだけ長めのアコヤのネックレス。
もちろんこのままでも、フォーマルなお席にお使いいただけますし、
何の問題もございません。

ですが、使う機会がなくて仕舞い込んだままだから、
もっと気軽に使えるようにしたい、
とのご希望で、チェーンを使ってロングタイプにリフォームし、
残りのパールでピアスもお作りしました。

こちら↓
<After1>
パールのネックレスとピアス After1

ネックレスのアップは
<After2>
パールのネックレスとピアス After2

パールの間をイエローゴールドのチェーンで繋いています。

ピアスはごくごくシンプルに
<After3>
パールのネックレスとピアス After3

お揃いでも、別々にもお使いいただけるセットになりました。

イエローゴールのチェーンを使ったので、
華やかさが増した感じです。

改まったお席用に・・・と仕舞い込んでいるパールのネックレス。
あまり登場することがなくてもったいない、
というならば、こんなリフォームはいかがでしょうか?

チェーンの長さを変えたり、、間に大きさの違うパールを入れたり、
お好みでデザインのバリエーションは広がります。
HPの「パールのリフォーム実例」をご覧くださいませ。

 HP→ パールのリフォーム

ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
 → リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」
 → レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺





2016-09-06 15:45 : リフォーム : コメント : 0 :

ピンクトルマリンのリング

9月になりました。

東京は連日30度を超える暑さです
沖縄では、また新しい台風が発生したようですね。
被害がないとよいのですが・・・


さて、本日ご紹介するのは、ピンクトルマリンのリング。
ルースをお預かりしお作りしました。

ピンクトルマリンのルース
<Before>
ピンクトルマリンのルース Before

できあがりがこちら
<After1>
ピンクトルマリンのリング After1

横から見ると
<After2>
ピンクトルマリンのリング After2

<After3>
ピンクトルマリンのリング After3

石を留める爪と座にダイヤを入れてあります。
アンティーク風のデザインで、
上から見ても横から見ても、とても綺麗・・・・

ピンクトルマリンの高さがあるので、
ダイヤの爪と座の部分がよく見えるデザインになっています。
光が入るので、ピンクトルマリンの色がとても美しく見えます。

小さい子に、「指輪を描いてみて」とお願いしたら、
きっとこんなリングの絵をかいてくれることでしょう

コロンと存在感があり、それでいて品の良いクラシックなリング。

ピンクトルマリンの色はとても可愛らしいのですが、
爪にも座にもダイヤを入れてありますので、
年齢を問わずお使いいただけるリングになりました


レカンHPにはリフォーム実例を多数掲載しております。
→ リフォーム実例

オーダージュエリーの実例はこちら
→ オーダージュエリー

こちらでお好きな石をご用意して、
オーダーいただくことも可能です。
お気軽にご相談くださいませ。

ご依頼についての詳細、リフォームの流れはこちら
→ リフォームの流れ

ご相談のご予約は、HPの「無料相談のご予約はこちら」
→ レカンHP

または、下記のフリーダイヤルからどうぞ。

フリーダイヤル (通話料無料・携帯OK・担当:北浦)
0120-39-1218

※営業時間外は、留守番電話になります。
お名前とお電話番号、ご都合のよい時間等を録音していただければ、
翌営業日の営業時間内にこちらからご連絡させていただきます。



ご来店をお待ちしております。

レカンスタッフ 渡辺







2016-09-01 15:39 : オーダージュエリー : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

lecrin10ban

Author:lecrin10ban
ジュエリーリフォームL'ECRINのスタッフが、素敵な商品や、季節のニュースなどをお届けいたします。

最新コメント

検索フォーム